TOP > 鋸南クロススポーツクラブとは

鋸南クロススポーツクラブとは

設立目的

都心から車でわずか1時間程度の距離にありながら、美しい海、深い山々、情緒ある里山風景が手つかずに残されている房総地域は、スポーツのフィールドとしてすばらしいポテンシャルを持っています。官民、そして地元住民が連携して南房総地域を「スポーツのメッカ」に育てるプロジェクトとしてスタートしたのが「鋸南クロススポーツクラブ」です。


南房総鋸南の大自然を満喫し、自然環境に配慮し健康で安全なクロススポーツ環境を提供すると共に自然観教育の理念を伝え鋸南町の提唱する”スポーツを通じた町おこし”に基づく賑わい創出事業の為のクロススポーツイベントの開発を行い、内外に存在する各種スポーツのスペシャリストたちの英知とノウハウを結集し、その運営・実施を行うための具体的施策を提供することを目的としています。


クロススポーツの“cross” は、英語で「様々な」「交わる」という意味があります。様々なスポーツを通して、「人と人」「人と地域」の交流を創出しようというのが鋸南クロススポーツクラブの理念です。多種多様なスポーツの中でも、当クラブでは鋸南の自然資源を用いたスポーツを中心に活動を行ってまいります。


▶ 千葉県安房郡鋸南町長 白石 治和より 鋸南クロススポーツクラブへの応援コメント

●基本理念

■ 人と人、人と地域の交流を創出する。
■ 健康や自然環境に対する意識を高める。
■ スポーツを通し、房総の地域住民の地元に対する誇りにつながる事業を行う。


▲このページのトップへ

活動目的

(1)南房総鋸南の大自然を利用した体験型クロススポーツを推進するための具体的活動を行う
(2)横断的各種スポーツスペシャリストによる情報収集と情報交換の場を提供する
(3)地球環境を考慮し、自然保護・再生に向けての意識改革の場を提供する
(4)クロススポーツを体現するための内外のスポーツスペシャリスト育成のためのスキルバンクの創設
(5)これからの活動を通じて鋸南町のスポーツを通しての活性化に寄与し、賑わい創出を継続的に起こしてゆく

●重点施策

■ クロススポーツイベントの開発の為の調査・研究
■ 鋸南スポーツゾーンのホームページの開発とデータベースの開発
■ 2009年実施のイベント発表(トレーニングコースとアクアスロン大会)


▶主な取り組みはこちら  ▲このページのトップへ

組織概要

法人名  一般社団法人鋸南クロススポーツクラブ
設立   2011年2月
住所   〒299-1909 千葉県安房郡鋸南町大六1032
TEL:  0470-55-3714 FAX:0470-55-3708


●活動内容

■ スポーツスクール活動
■ スポーツイベント事業
■ スポーツ環境整備事業

●組織メンバー

■ 代表理事  黒川大司 鋸南町議会議員 鋸南町観光協会会長 民宿おしなや代表
■ 理  事  丹埜倫 鋸南町観光協会副会長 サンセットブリーズ保田代表
■ 理  事  田中健 クラブマネジャー(正)
■ 理  事  渡政彦 クラブマネジャー(副)
■ 理  事  座間祐一 株式会社T3ヘッドコーチ
■ 理  事  小笠原一真 鋸南FCコーチ
■ 理  事  飯塚和之 鋸南FCコーチ
■ 理  事  神子昭幸 クラブトレーナー 医療法人健身会提携聖健会会長 

●地域協力メンバー

■ 鈴木 辰也(会計・監査)
■ 福原 兼延(広報)

●アドバイザー

■ 青山剛(元トライアスロン日本代表)

元プロトライアスリート。世界選手権日本代表を経て、コーチに転身。2004年アテネ五輪では代表選手を輩出。現在はランニング・トライアスロン・クロストレーニングのプロコーチとして競技者から初心者、子どもまで幅広く指導。ヤフーとグーグル『ランニングコーチ』検索で検索ランキング1位。パーソナルコーチングシステム【チームアオヤマ】をはじめ、全国各地でセミナー・講演も開催。またトップモデルのボディメイクなどもおこない、そのメソッドはスポーツ界のみならず各業界でも注目を集めている。(社)日本トライアスロン連合 強化チーム 指導者育成委員。


▲このページのトップへ